10/12教えてドクター絶対やせる太らないコツ、体内時計とダイエット

10/12教えてドクター絶対やせる太らないコツが放送されました
結構面白く、ためになりました
放送を簡単にまとめたので見てください、詳しくはこちら

体内時計とダイエット

最初聞いたとき体内時計?

それがどうしてダイエットに必要なのか
分からなかった

時計と言えば
夜に食べていは行けません
ぐらいなら知っているけど

もっと奥が深く
知れば納得いく物でした

 

体内時計をコントロールして肥満を防ごう

IMG_4238

 

朝目覚める、
夜になると眠たくなる

これはすべて体内細胞が関与しています

60兆個

体の中には

IMG_4241
60兆個もあり

時間を司る細胞なのです

朝にリセットする

体内時計は

IMG_4242 IMG_4243

朝太陽を浴びたり、朝食を食べると
体のリセットが入ります

IMG_4244

また驚く事に胃、すい臓、肝臓は
夜中に成ると活動をやめるというのです

という事は真夜中に食べるラーメンは
体に負担となり余分なエネルギーが
脂肪と成るという事です

あらためて、夜中に食べる食事、ラーメンは
体に取って悪い事がわかりますね

IMG_4245

各臓器によって体内時計の働きが違うのです

IMG_4246

各臓器が働く時間がまちまちです

肝臓は午後4時頃には活動が悪くなる
膵臓は8時までに仕事を終わらせる
胃は夜に活動が鈍る

だから夜に食事をしては行けないのですね

体内時計とダイエット

BMAL1というタンパク質があります

働きは余った栄養を脂肪として蓄える
性質があります。

IMG_4254

BMAL1が少ない時に食事をしたら脂肪がつきにくく

BMALが多い時に食事をすると肥満に成りやすい

S-IMG_4255

午後3時のおやつというのは
理にかなった食事なのですね

S-IMG_4256

午後3時に食べるケーキと
夜中に食べるケーキでは脂肪となる
倍率が20倍も違うという事ですね

S-IMG_4257

ケーキが食べたければ
午後3時のおやつに食べましょう

BMAL1の多い時間帯

S-IMG_4263

 

昼の2時頃が一番BMAL1が少ないので
食事をしても脂肪に成りにくい

まとめ

食事を行う時間帯は日中に行い

夜中に摂取した栄養は脂肪に変化しやすい

食べたい物がある時は2時3時に食べた方が太りにくい

体内時計をうまく活用した方がダイエットに向いている

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です