ダイエットを短期間で成功させるには

運動不足を解消することと、
体にいい適量の食事をすることは、
ダイエットの短期成功に関わっています。

積極的に体を動かして1日に使うカロリー量を多くすることと、
食事のバランスをとって適度なカロリー制限をすることです。

身体活動や、
生命維持に消費するカロリー量が、
食事などで摂取するカロリー量より多ければ、
体脂肪は減ります。

人体の厄介なところは、
せっせと運動をしても、
食事からえるカロリーのごく一部しか使わないことです。

食事から摂取するカロリー量を減らすことによって、
運動などで消費するカロリー量との差をなくし、
体脂肪が燃えやすい状態をつくります。

人の体は、
基礎代謝で使うカロリーよりも、
食事で補給するカロリー量が少ないと、
生命維持のため代謝を低くします。

代謝の低い体とは、
体内に取り入れたカロリーの燃焼効率がよくない体ということなので、
ダイエットにとってはまるきり逆効果です。

食事から摂取するカロリーの量は、
基礎代謝より少ない量にならないように配慮をすることが、
ダイエットでは必要です。

カロリーの摂取量は、
減らす場合でも基礎代謝分は確保します。

その上で、
体を動かして、
1日に使うカロリーを多くして体重を減らします。

運動によって体重を減らすには、
酸素を取り入れ体脂肪を燃やすことができる有酸素運動を習慣にするといいようです。

運動でまとまったカロリーを使うには、
酸素を体内に取り入れながら継続して脂肪が燃やせる運動がおすすめです。

基礎代謝と釣り合う分の食事を摂取しつつ、
運動をプラスして脂肪燃焼を促進することが、
短期ダイエットのポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です