ダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスが大事

カロリー過多の食事をしていては、
ダイエットどころではありません。

まずは食事の量を見直すことが、
ダイエットでは基本です。

食事から補給したエネルギーが、
生命維持や活動などで消費しきれなかった時は、
余ったカロリーは脂肪になります。

ダイエット効果を得るためには、
摂取カロリーと消費カロリーのバランスと考慮することが大変重要になります。

食事で補給するカロリーより、
運動などで使うカロリーのほうが多ければ、
足りないカロリーは脂肪を燃やして補われます。

もしも、
1日に消費する基礎代謝量及び運動に使うエネルギーより、
食事等で摂取するカロリーが多ければ差分は余計です。

代謝の高い体質になれば、
結果的にカロリー消費量は多くなりますので、
ダイエットの役に立ちます。

体質を変えることで、
基礎代謝の高い、
カロリーをたくさん使う体になることが可能になります。

食事を減らすこと、
運動を増やすことだけでなく、
ダイエットのしやすい代謝の高い体質になることは、
効率的に体重を減らしたい人におすすめです。

運動と食事によるダイエットに加えて、
痩せやすい身体作りを心がけることが、
ダイエット成功のポイントといえます。

10代の頃は基礎代謝は高いですが、
20代、
30代となるにつれ基礎代謝は低くなり、
体脂肪は燃えづらくなっていきます。

若い頃と同様に運動と食事を中心にしたダイエットをしても効果が上がらないという人は、
代謝の高い体質になるような取り組みがポイントです。

がむしゃらに運動をして、
ぎりぎりまで食事量を少なくするというダイエット方法もありますが、
おすすめは摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとる方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です