リバウンドをしない炭水化物抜きのダイエット

もしも、
炭水化物抜きでダイエットを成功させた場合、
その後はどんな食事をすればいいものなのでしょうか。

体にいいダイエットをしたい人は、
体重の増減はどのようなメカニズムで成り立っているかを理解するよう努めましょう。

間違ったダイエット方法を続けていると、
一時的に体重が減ったとしてもすぐに戻ってしまうばかりか、
体調を崩してしまうことも考えられます。

ダイエットの方法だけを数えると膨大な種類になりますが、
実践するに当たっては、
なぜその方法で痩せられるのかを知ることがポイントです。

食事の内容が大幅に変化することを理解した上で、
炭水化物を減らすダイエットをしましょう。

炭水化物ダイエットでは、
糖質を摂取する機会をなくすことで脂肪が蓄積する機会を極力減らし、
ダイエットをやりやすくします。

食べ物から補給できる糖質が不足すると、
人体は不足分を補うために体内で糖質を作るようになります。

これが糖新生という現象です。

食事で補給し、
血液を巡っていた糖質がなくなると、
活動エネルギーを確保するには体に溜め込まれていた脂質を分解して、
糖質に戻す必要性があります。

炭水化物抜きダイエットにより、
脂肪を燃やすことができるのは、
脂質を使用して体を動かすからです。

食事から摂取する糖質を制限していた時は、
体内の脂質をエネルギーに変えて消費していましたが、
ダイエットが終了すれば、
糖質が使い放題になり、
減った脂肪がまたつくられます。

リバウンドしないダイエットをするには、
ダイエット後に急激に食事を元に戻したりしないようにしましょう。

いきなり炭水化物の摂取量を戻すのではなくて、
ちょっとずつ戻していくことで、
ちょうどいい量がわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です