ダイエットと食事の時間について

Sponsored Link
diet060

ダイエットの際に、
栄養の偏りがない食事をすることや、
運動の習慣を意識する人は多いですが、
食事をする時間帯も重要になります。

ダイエットを行う上では、
食事をどの時間に摂取しているかチェックすることも必要です。

食事の献立や、
カロリー量を気にするだけでなく、
時間についても心を配ることがダイエットに役立ちます。

前提として、
ダイエットをしているからといって食事は抜かずに、
1日3回食べるよう心がけます。

人体で、
内臓器官がしっかり動いているタイミングに、
食事をすることがダイエットに有効です。

朝食時には、
肝臓の働きがよくなっていることから、
消化にいい卵や納豆、
果物や野菜を食べます。

肝臓機能は正午頃が最も活発になりますので、
昼食には糖質も意識して補給しましょう。

15時過ぎになると膵臓機能がアップします。

そのため、
おやつを食べて糖質を補給する時間は15時がおすすめです。

内臓は、
夜9時を回ると働きがゆっくりめになりますので、
これより後に糖質を摂取すると、
消費されずに脂肪になります。

夕食は、
野菜にウエイトを置いた食事にするといいでしょう。

腎臓が夕方から活発になりますので、
それを利用する形になります。

時間帯によって、
活発に機能している臓器は少しずつ違います。

ダイエットのためには、
これらの臓器について理解しておくと便利です。

1日のうちのどの時間帯に食事をする習慣をつくるかは、
ダイエットを目指して食事改善に取り組む時には大事なことです。

Sponsored Link

最新情報

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です