ダイエット効果と女性の月経周期の関係

女性のダイエットとその効果には、
月経周期によるバイオリズムが大きく関わっています。

女性は、
月経の周期に合わせて体の機能が少しずつ変化しています。

ダイエットの効果を高めるのは、
その点を知っておくことです。

エストロゲンという、
プロゲステロンという2種類の女性ホルモンが、
女性の体内には存在します。

ダイエットにいいことをしても、
効果がない時と、
ある時とがある場合は、
ホルモンの周期にかかわっています。

プロゲステロンは、
排卵から月経までの間の2週間の間、
分泌量が高まっていきます。

その後の2週間は、
エストロゲンのほうの分泌量のほうがふえます。

女性の身体は、
エストロゲンの活動で活発になります。

この期間は体が活動的であり、
代謝や血行がよくなるので、
ダイエットの効果がでやすくなります。

体が休止状態にあり、
新陳代謝が低くなっていて、
ダイエットをしてもスムーズに効果が出ないという時が、
プロゲステロンが活動している時です。

ダイエットの効果を高めるには、
エストロゲンが活発な時期に取り組むようにするといいでしょう。

ダイエットの効果が実感しづらいだけでなく、
体にダメージが蓄積しかねないのが、
プロゲステロンが分泌されている時期です。

自分の体のサイクルをチェックして、
エストロゲンが多く体内にある時に、
ダイエットを行うようにすると効果的です。

エストロゲンがふえている時に効果的なダイエットをして、
プロゲステロンがふえている時は体重を保つくらいのつもりで行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です