ダイエットの停滞期について

てダイエットを続けていると必ずやってくるのが、
体重の変化があまりなくなる停滞期です。

停滞期になると、
ダイエットのための努力をしているのに効果が出ずに、
厳しく感じることがあります。

色々なダイエットをしているけれど、
途中でやめてしまうという場合、
停滞期でくじけている可能性があります。

停滞期の最中に、
ダイエットがうまくいかなかったと感じたという人は大勢いるようです。

ダイエットの停滞期とは、
順調に減っていた体重が、
全く変化が見られなくなった状態のことをいいます。

最初はダイエットのモチベーションが高くても、
停滞期になって結果が出なくなると、
ダイエットが苦痛になります。

ダイエットの努力や我慢の報われなさにイライラして、
つい暴飲暴食をしてしまって、
体重がリバウンドしたというケースもよく見かけます。

急に体重が減ると、
人の体は危機感を覚え、
これ以上は体重が減らないようにします。

目安は体重の5%です。

人間は、
いきなり体重が5%少なくなると、
このペースで体重が減っていると病気になってしまうと思って、
体重減少を減らそうとします。

エネルギー消費量を抑えるためには、
基礎代謝の少ない体になり、
体脂肪を体に蓄積されようとしますので、
太りやすくなります。

停滞期の期間は人によって違いますが、
だいたい1週間から1か月程度ですが、
ここで諦めずにダイエットを継続しましょう。

ダイエット中は、
必ず停滞期があります。

そして停滞期は永久に続くわけではありません。

停滞期中にダイエットを諦めないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です