ダイエット中の停滞期の脱出方法

停滞期に入ったからといって、
ダイエットを中断したり、
諦めたりしなければ、
きっと体重を減らすことができます。

わずらわしい停滞期をいかに過ごすかは、
ダイエット成功の大きなターニングポイントとなります。

空腹をこらえ、
苦手な運動を続けていても、
停滞期になると結果が出なくなりますので、
くじけそうになります。

停滞期が来ることをあらかじめ知っておき、
うまく折り合いがつけば、
ダイエットもしやすくなります。

誰でも停滞期になるということが理解できていれば、
停滞期になったからと苦しむこともありません。

基本的なダイエットとは、
食習慣を改善することと、
運動量を増やして代謝を上げることです。

野菜や果物など、
健康にいい栄養を偏りなく摂取し、
一日で使い切れるカロリー量の食事になるようにします。

栄養バランスの良い食事に加えて、
適度に運動をすることによって、
体に筋肉がつきます。

体の筋肉量が増えれば、
その分新陳代謝もよくなりますので、
体内のカロリーが消費されやすくなり、
ダイエットに有効です。

カロリー制限と、
適度な運動によるダイエットをしていると、
スタート開始直後から体重は少しずつ減っていきますが、
やがて停滞期になると体重が減りづらくなってしまいます。

適切なダイエットができていれば、
停滞期は発生するものです。

停滞期になって当然と捉えて、
ダイエットをそのまま継続することです。

停滞期になっても、
マイペースにダイエットを続けるようにしましょう。

1週間〜1カ月の停滞期が終われば、
また体重は減少するようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です