リバウンドの仕組みと予防方法

多くの人が、
ダイエットに取り組んだ結果体重を減らせたけれども、
ほどなく戻ってしまったことがあるようです。

せっかく痩せることができたのに、
ダイエット前の生活に戻したら、
ダイエット前より体重が多くなったりします。

一旦減った体重がまた戻ってしまうことをリバウンドといいますが、
ダイエット後によく起きることだと言われています。

リバウンドは、
ダイエットに取り組んだことがある人の多くが経験しているものですので、
リバウンド対策はダイエットでは必須といえます。

リバウンドによって、
ダイエットの努力が無になってしまわないように、
リバウンド対策をしておきましょう。

ダイエット中に食事の制限をして、
摂取カロリーを減らしてしまうと、
身体は省エネ状態になり、
代謝が落ちてしまいます。

新陳代謝を落とせば、
体が必要としているカロリーの量は減らせますので、
食事量が減っても生存率を上げられます。

そんな状態にある体に、
ダイエット以前の量の食事をとると、
体はカロリーを少しだけ使い、
余った分を貯めておこうとします。

食事をたくさん食べたわけではなくても、
使い切れなかったカロリーが多くなるように体がなっていますので、
体脂肪を貯め込んでしまいやすくなります。

リバウンドが発生しにくいようにダイエットをしたい場合は、
食事は適量を摂取した上で、
運動量を多くして体重を減らします。

運動不足を解消しないでダイエットを続けていると、
全身の筋肉が衰えて、
代謝の低い体になってしまいます。

運動を行うと筋力を落とすことなくダイエットが出来て、
結果として消費カロリーを減らさないで済むことになり、
リバウンドを防ぐことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です