リバウンドと停滞期の関係について

ダイエットを頑張った人の中には、
リバウンドで努力が無駄になったと嘆いている人もいます。

ダイエットを成功させるには、
ダイエット中の停滞期に入った時に、
どのような対策をしてリバウンドを回避するかにかかっているといえます。

ダイエットのような外部環境の変化あると、
人間の体は生命維持のために体を一定の状態に留めようとするため、
停滞期が起きます。

食事制限などで、
体に負荷のかかるダイエットをすると、
食事の供給が途絶えたことを察知した体は、
エネルギーの消費量を減らします。

ただし、
ゆるやかに食事の量を減らしていけば、
体に無理をかけずに体重を減らしていけますので、
リバウンドは起きにくくなります。

人の体は、
体重の5%が減少した時点やダイエット開始後1ヶ月ほど経過した時に、
恒常性維持機能の仕組みが働くようになっています。

体が節約モードになると、
少ない食事量でも体重や体温が変動しないようにと、
人間の体は新陳代謝を減らし、
体内に供給される食事を体脂肪にしておこうとします。

人によって期間の差はありますが、
ダイエット時の停滞期はおおよそ1カ月程度です。

それまではせっせとダイエットに取り組んでいても、
停滞期になって体重の減少が確認できなくなると、
ダイエットを諦めたくなります。

停滞期のさなかにダイエットをやめて、
食事の量や運動量を変えると、
一気にリバウンドが起きることになりますので、
気をつけたいものです。

ダイエットをする時には、
停滞期に入った体はカロリーの消費量が少なくなっているだけでなく、
脂肪の蓄積率も上がって太りやすくなっていることを知っておきましょう。

ダイエットをしている人にとって一番やっかいなリバウンドと停滞期を回避する為には、
長期間かけてゆっくりと体重を減少させることがポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です