ダイエットをした時にリバウンドしてしまう原因

リバウンドとは、
ダイエットをすると起きるもので、
一度減った体重が、
また増加してしまうというものです。

ダイエットにリバウンドはつきものですが、
どうしてリバウンドが起きるかをきちんと理解することで、
体重の増加を食い止めることが可能です。

リバウンドは、
人の体が正しく機能していれば当然のように起きることであり、
対抗策は立てづらいものです。

無駄なぜい肉のない、
すっきりとしたきれいな外見になりたくて、
ダイエットをしてみたけれど、
すぐにリバウンドしたという人もいます。

ダイエット効果が出て、
一時期痩せたのにまたリバウンドして、
体重が増えてしまったというケースも多いようです。

ダイエットをする都度リバウンドをしていると、
だんだん体脂肪の燃えにくい体になり、
ダイエットが成功しなくなります。

リバウンド対策で大事なことは、
ダイエットをした後でどういう食事や運動をするかです。

多くの人は、
体重を減らすために、
多かれ少なかれ、
体に負荷がかかることをしているものです。

体重を減らすためにと食事の量を減らし、
運動を続けてきた人の場合、
ダイエット終了と同時に大食いに走ってしまいがちです。

ダイエット中は食事を減らしていたから体重が減ったのだとすれば、
ダイエットが終わって食事を増やしたら体重はふえるでしょう。

厳しい食事制限などでダイエットをすると急速な体重減少は見られますが、
人の体には一定の状態を保とうとする体の機能があるので、
元の体重に戻ろうとします。

短い期間で痩せようとするのではなくて、
時間をかけて少しずつ体脂肪を減らしていけるようなダイエットを実践することで、
リバウンドを起こしにくくします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です