白米の大食は短命?長寿になるにはどうすれば良いか

今日ダイエットのニュースが入ってきました。

日本の長寿村・短命村

ダイエットは昔も今も盛んですが、その理由として
女性の場合はスタイルを良くしたいとか、綺麗な服を着たいとかあると思うが

最も大きな理由として、「長生きしたい」と言うことがありますね

最近の流行として、良く聞くダイエット方法は

「炭水化物ダイエット」があります

とりあえず、糖に変化する炭水化物を極力制限しておけば痩せるという方法です

私もやってみましたが、

これは無理、

私の場合、炭水化物をほとんど取らない状態でいました

1日2日は大丈夫なのです、
むしろ、体の脂肪が柔らかくなってきて
良い感じと思いました。

確かに体重は1Kg,2Kgとすんなりと落ちてきます

でもね、他院水化物を取らないとタンパク質ばかりを食べてしまいます
野菜とタンパク質を中心に炭水化物を取らない

4日たった頃に、禁断症状が出てきます
無性に甘い物が欲しくなります、
頭がぼーっとしてきます。
知らない間にチョコレートをむさぼり食べてしまいます。

糖の飢餓状態になります

これは危険です、

せめて、朝、昼、夜におにぎり一つぐらいの糖分を取らないと
私には無理と解りました。

でも、白米は・・・・だめらしい

今日のニュースで

近藤正二先生が1972年前に1冊の本を出しました、それが

日本の長寿村・短命村

この本は1972年に出版された本なのです、
そんな昔から研究されて長寿になるにはどうするかが
説かれていたのはびっくりですね

以前に、米を生成した物は栄養価が低く、出来れば玄米で食べましょう
と言うことを聞いたことが有る

先生は科学的な根拠を出しているので無く

日本中の990村を調査して

長寿な村は何を食べているか
短命な村は何を食べているか
を調べた結論を出したのです

本を出版するのに36年もかかったのもすごいですね

先生の本の中には白米を大食する村は短命村
塩辛い物と一緒に白米を食べると脳卒中が多くなる
海藻を毎日少しでも食べれば脳卒中がとても少なくなる

白米をへらして海藻と緑黄野菜と大豆が大切だと行っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です